耐震住宅について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅で一戸建てを新築するときに、地震対策を重視したい場合は、耐震住宅に設計してもらいましょう。新耐震基準をクリアできるので、安心して暮らせるようになります。耐震住宅のポイントは、複数の耐震性能を採用したり、どらか一方だけでも効果的な装置を複数で使用したり、組み合わせ方もポイントになります。木造建築の一戸建てならば、在来工法で柱と梁を耐久性の高い強度に仕上げておくと同時に、筋交い施工を採り入れて壁材にも強度を備えさせる方法が知られています。耐震住宅は家族を守りますし家具も守ります。家具の転倒を防止しやすくなるので、家の中で過ごしている家族にとって安全です。倒壊しないだけではなく、安全に維持される点も注目です。地震の被害で避難経験のある人や、耐震基準前の木造住宅に入居していた経験のある人は、法律上の耐震基準だけでなく、新耐震基準もクリアしている設計を想像するのは容易ではないかもしれませんが、末永く暮らせる一戸建てに仕上がるので、結果的に経済的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。